当落結果とその後について話そうか。

 



「抽選の結果、誠に残念ながら、お申し込みいただいた公演のチケットをお取りすることができませんでした。」

 


当落発表の日。ドキドキしながらメールを開いて目の前に飛び込んできた言葉が文字がこれだ。
チケットをお取りすることができませんでした。
自分名義はもちろん一緒に参戦するはずだった友達名義もすべて落選。
友達の名義は新しい名義だったにも関わらず。
私は人生で初めての全滅という現実に陥った。


そもそも昔からずっとコンサートに行っていたわけでもないし当落発表を味わうのはこれが4回目。そこまで落ち込むほどの回数ではないじゃないかと思うかもしれないけど、でもそれでもダメージは大きかった。
自分名義が落選したことは今までなくてチケット運は割といい方だと思ってた。
倍率が高いとされる公演でも有難いことに参戦させていただけてて。
だから今回も大丈夫だろう、と。
みんなが不安がってる中、そんなに気にしすぎててもねえ、くらいの気持ちに思ってて割と軽く考えてた。大丈夫だって!!なんて言って。
けどメールを開いてみたらこれなんだから。
ひどく落ち込んだ。



落選の文字を目にしていちばんに思ったことは、「私何したっけ?」だった。
別に普段から神様とか信じてるわけじゃないけど、でも毎日一生懸命に生きていればそれなりのいい事があるはず。とは思っているタイプで、だから今回もツアー発表から当落までの期間にわたって、頑張れることは頑張ろうと思っていた。
最後まで成し遂げられなかったものの、願掛けと言われるようなことも自分の中で決めて私なりに頑張ったつもりだった。
何も悪いことをした記憶はないのになんでだろう。色々考えた。
テストを頑張れなかったからだろうか、日頃の行いが悪かったのか?、JUMPに会いたい気持ちが他の人より劣っていたのだろうか、愛が足りてなかったのだろうか、たくさん考えてみたけどでももう何を思っても落選という現実に変わりはないわけで。
なにをどう足掻いても自分の名義でJUMPに会いに行くことはできないんだ。
早く気持ちを切り替えて次に向けて頑張るしか手段は無いのである。


私は普段の生活の中で嫌なことがあってもきつい事があっても、寝たら忘れられる、という訳では無いけど立ち直りは早い方だと思っていてズルズル引きずるのがいやだし、自分の中の嫌なことを人前であからさまに出すのもしない方で勝手にひとりで解決する方だ。
でも、今回ばかりはそうもいかないみたいで、寝て気持ちが落ち着くどころか日が経つにつれどんどん悲しくなって焦ってきて不安になって。何をしても立ち直れない。焦る。

周りに当たってばっかりで生きていく意味すら見失いそうになるほどの落ち込みっぷりだった。残念。ただひたすら残念で苦しくて辛い。それしか出てこない。


当落の次の日は金曜日で普通に学校があった。
あまりにも普通な朝。
残酷なものでこんなことがあっても次の日は普通にやってきて朝を迎えなければならない。
いつも通り朝早くから電車に揺られ。
その時の私の中の感情は正直あまり覚えていないが、きっとこの受け止めなければならない現実と戦っていたんだろうと思う。
今思うとあんな酷い精神状態の中で普通に学校に行けただけ偉いと思う。
1日普通に。笑えてたつもり。
けど仲良しのお友達は察してくれるもので。
朝からどうしても落ち込んでしまう私を心配してくれて、偉いよってひとこと。
ああ、これだ。って思った。
私がいちばん求めてた言葉。これだ。
朝から泣きそうになりながらその子とはクラスが違うから惜しみながらもバイバイした。
何を偉いと思ってくれたのか分からないけど
嬉しかった。支えになってくれた。感謝。
実は年末年始にあった東京ドームのコンサート。有難いことに自名義で行かせていただけたんだけど、その時にもある事にかなり悩んだ。
当選して嬉しくて悩むことなんて何も無い。
はずだけど私には悩むことがあった。
とてつもなく悩んだ。何日も何日も。自分のことではないのに。
それもそのお友達に相談していた。
だからかな、偉いねって私のいちばん欲しかった言葉を言ってくれたのは。


次があるよ!元気だして!みんなが優しくかけてくれる言葉がその時の私にはやっぱり苛立つ要素にしかならなかった。
そんな自分が本当に嫌になる。
ジャニヲタでもないあなたに私の何が分かるのか。チケットが手に入るあなたには分からないでしょ今の私の気持ちは。今までのコンサートに落選するのと今年の10周年のコンサートに落選するのとでは全然違うでしょ?と思ってしまうから私はとことん嫌な奴だなあと自分にすら腹が立つ。
ありがとう大丈夫だよ!って言うしかないからそう言うけどほんとは全然大丈夫じゃない。
去年のツアーならまだ諦めがついただろう。
今年はHey! Say! JUMP10周年というファンにとっては大事な大事なコンサートで。
行けない事実がどうしても受け入れられなかった。チケット探しに明け暮れる毎日。
行けないなんてまだ決まってない。
積めば行ける。会う方法はある。
が、しかしそもそも福岡のお譲り先を探してる人がなかなか見当たらない。
見つけたとしても相場が高い。
しかもオークション形式が多く、わたしにはとてもついていけない。
バイトができない高校生にとっては1枚のチケットの3万、4万はとてつもなく高い。
「どうにかしなよ」
いやいや、そんな簡単に言わないでくれ。
私には私の事情がある。どうにかしろと言われても。無理なものは無理なんです。
しかも地元でコンサートをしてくれる訳じゃないからチケット代だけ用意できればいいなんてことはなくて、交通費から宿泊代、何から何までお金がかかって私の手には負えなかった。
先が見えないチケット探しはしんどい。



何日経ってもやっぱり受け入れたくない現実。
時間が経ってからの方がしんどくて。
泣いた。泣いて泣いて泣きまくった。
久しぶりにこんなに泣いた。
号泣という言葉がぴったりなくらい。
私は今年、JUMPに会えない。
ライブに行けない。歌って踊ってる大好きな人達に会えない。10周年なのにな。
いろいろ考え出したら辛くて辛くて。
こんなに泣くくらい好きだったのかと、自分で自分にびっくりした。ちょっとひいた。
気がついたら、もうゆるっと応援とは程遠いくらいJUMPの沼にまんまとハマりまくってた。
こんなにしんどいこともう無いってくらい好きすぎて心が痛くてしんどかった。


わざとなのかってくらいのタイミングで歌番組がとんでもない勢いで来た。
いつもなら喜べるのに今は素直に喜べない。
当落があってからここ何週間か全くJUMPを見てない。単体は平気でもみんな集まってる姿を見れない。歌も聴けない。
そんな状況の中これだけ一気に歌番組を持ってこられると正直しんどい。見たくない。
そんな私情だれも知ったこっちゃないけどね。
落選して落ち込んでる人のことをテレビ側が考えてくれることなんてあるはずが無い。
当たり前だ。でも、ちょっと悔しい…ちょっとね。
でもこれくらいでいちいちこんなんなってたらこの先ファンやってけない。強くならないといけない。落選組にとっては長い長いツアー期間をなんとか乗り切らなくては。

こういう状況に陥って初めて、落選して担降りする人の気持ちが少しわかった気がする。
今まではそういう人を見かけても、「あ〜それくらいの気持ちで応援してたんだな」とか。
「大袈裟すぎやしないか」とか。
そんな風に思ってた。しかし実際自分がこの立場になると。否定出来ない。
大袈裟だなんて言えない。
私も実際このままJUMP離れできそうだから。
沼にハマりまくってるヲタクほど担降りの危険があるんじゃないかと思う。
好きだからこそ1回のコンサートを逃すなんてことしたくないし行けないショックは大きい。
楽しみにしてる人やその周りの人。楽しみ!っていうツイートを見ることも辛い。
ヲタクにとっていちばんの幸せはコンサートに行くことなのに。それが出来なくなったらもうおしまいだと思う。
会えないのに、辛いのに応援してる意味とは何なんだろうと思ってしまう。
好きって辛いなあ。好きすぎてしんどいってこのこと。自分重い。気持ち悪いほど重い。
リア恋かって。


けどもう何を言っても落選は落選。どうしようもない。JUMPに会いたければお金を払え、と。結局まとめるとそういう事なんだ。
ほんとうに世の中不平等なもので。
全滅した人がこんなにたくさんいる中でも何公演も行ける人もいる。
この差はなんだろう。たくさん会いに行ける人は日々どんないい事をして過ごしているのか教えて欲しい。考えてもわからない。
私だって、毎日頑張って生きてるつもりなのにな。

もういいです。今年のコンサートは。(投げやり)
きっと誰かがいい加減諦めろって言ってるんですね、はい。大丈夫です。立ち直ります。
チケット争奪戦きらい。大嫌い。

…いや行きたい。行きたいんだよ!!!!
会いたいんですーーーー!!!!!
なんで?なんで行けないの??😠
何が駄目でこんな事になってるの!?(怒)
(めんどくさい。自分でもめんどくさい。)


…大丈夫。まだ復活当選という枠がある。
これが私の最後の希望です。ラストチャンス。
になるかもしれない。
まあ、無理だろうと思ってるけど。
確率はきっと数パーセント。
さらに高い倍率なのに期待が持てるはずない。
チケット見つからなかったら今年はもう会場にお邪魔するのも辞めとこうかな。
会場だけ行って入る人を見届けるなんて悲しすぎる(笑)


今年もどうか素敵なライブをお願いします。
行った人みんなが満足して帰れるような。
毎年素敵なライブをしてくれてるから今年も期待してます。
落選した人がこんなにいるんだから。
悲しんで泣いてる人が沢山いるんだよ。
みんなが納得できるような素晴らしいライブを🙇🏻


もうあまりにも可能性がない状態だけれど、最後まで頑張ってチケット探してみようと思う。
ごちゃごちゃして何が何だか分からなくなってきたけどとりあえず私はJUMPのことがだいすきであるということです。
JUMPに会えない夏はいらない。
お席はどこでも構いません。
距離なんてどうでもいいから。



頑張ってみるから。会えますように。